人生寄り添うことは好みだけじゃ無茶

好きだからブライダル望む。

運命を寄り添う上で大事な本心だ。

も、『好みだけじゃブライダルできない』という一心に言います。

まだまだ色恋に恋してるような若い頃なら今ひとつ広告じゃないかなと思いますが、生きて色んな積み重ねをしてるって心づもりがわかって現れる。

生物を好みだけじゃ飼えない。ここに置き換えて考えると通じると思います。

生物が好み→生物を飼いたい→お世話がある→糞弁のお世話、食べ物のお世話、犬ならおウォーキング、疾病になったときのお世話、フィナーレを見届ける仕事場。

経過には情愛が不可欠です。

自分の仕事場よりも生物がプライオリティー。

好みとは別にその輩にみんなを注ぎたい、注ごうと思えるだけの情愛。

生物は人様よりも寿命が少ない。

それでも15ご時世20ご時世と通じる生物にとっての運命を助ける、寄り添う腹積もりがあるのか。不満になって投げ出さないか?

それができるのは、ただ好みだけではなく自身犠牲を苦ともたまたま望める本心があるか。

ブライダルも一緒で、好きだからではなく、彼女のくらし何があっても自分が支えたいと思えるか。

独自よりも彼女を優先して考える事ができるか。

一番大事なのはそちらじゃないかなと思います。

その本心が、好きではなく愛情なんだと思います。

運命寄り添うことは奥深い情愛がなければできない。

ただ好きでは禁止。

忘れかけてた人様は思い出してほしい。

依然として知らない人様は、これからの遭遇の中で見つけてほしい。誕生日にケーキを宅配したい